未分類

起業して大切な売上目標はとにもかくにも年間1000万円

更新日:

起業を考えている方で、目標設定をどうすれば良いのかを悩んでいる方がおられると思いますが、

起業して一番大切なのは年間売上1000万をまず稼げるかどうかです。

1000万は1つのポイントです。

まずは年間売上1000万を起業しての目標にしましょう。

なぜ、この1000万が重要かというと、私はこれを6年間も到達できずに潰れたからです。

1000万が大切なのは、もう一つ理由があるからです。

あなたの生活できる給与が賄えないからです。

1000万以下というのは月の売上が100万です。

起業すると、経費がかかります。

経費があまりかからないアフィリエイトなどのネット起業の場合でも、副業なら毎月100万はウハウハです。

しかし、アフィリエイトなどを専業として法人化してやるのであれば、ぎりぎりのラインです。

デザインや、記事などの外注費用だってかかりますし、法人にすると社会保険や住民税の支払い、会計事務所への帳簿作成、確定申告など意外と経費がかかります。

また、税金対策で経費計上するものも増えるでしょう。

一般の事業の場合も経費がかかります。

そして、なんといっても利益を会社でも確保しておかないと、いざ売上が立たなくなったときには何カ月分か持たせる蓄えも必要ですし、人を増やしたり、設備を増強したり、広告投資など、次の売上を作るものに投資もしていきます。

そうなるとだいたい月商100万だとあなたの給与は30万~40万くらいないと、こういった会社への内部留保や投資ができなくなります。

逆にいうと月商100万ないと、あなたは内部留保もできない、投資もできない、給与も10万以下の生活を強いられます。

これは、超貧乏生活で、なおかつ会社としても成長できません。

起業して間もない1年以内ならまだ良いです。

自分の給与は少ししか出さず、会社に入ってきた収入を投資に回せば、売上1000万に近づき安定していますからね。

しかし1年以上は正直持ちません。

そうなるとあなたは貧乏生活をずっとするようになるので、個人的なカードローンの借金に頼らないといけなくなります。

また、逆に夜バイトしたりしないといけないので、時間がなかったりします。

正直、1000万円以下の年商の企業は銀行からも相手にされません。

まだ起業する段階や起業して1年以内ならば決算も出ていないので、借りられる可能性はあります。

しかしせいぜい100万くらいです。

それなら返すのが大変になるだけなので、まずはきちんと売上1000万を立てるべきです。

いざとなったときにあなたが手出しで会社に出せるようにもしたいので、やはり給与は30万~40万取るために1000万円は必要な年間売上です。

私も起業仲間の知り合いに事務として午前中働かせていただいていました。

そこで10万くらいもらいながらも会社を経営していました。

また私の知り合いで起業した人なんかはホテルで夜勤アルバイトをしていながら会社をやっていましたが、辞められました。

ネットカフェで夜~朝までやって寝て、昼から自分の会社をやっている人もいました。

すごいガッツがあればそれでも良いですが、たいていは自分の事業に集中できないですし、ダブルで働くと、しんどいです。

副業で食いつなぎながら最初経営するのはいいんです。ですが、なるべく1年以内に年間売上1000万円を達成させましょう。

逆にそれ以下なら2年目から経営が厳しくなっていきます。

あなたは生活が立ち行かなくなる、会社には金がない、カードローンで借りる、そして破産へまっしぐらです。

これでは経営が失敗するも当然です。

なので、まずは年間売上1000万は必達目標で掲げましょう!

逆に、1年以内に達していないのであれば、起業を断念しても良いと思います。

また、サラリーマンに戻ってから再起をかけても良いです。

断念せずに続ける方が相当キツイので、肝に銘じていてください。

-未分類

Copyright© 失敗起業家が語る、起業するために必ず覚えておくべきこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.