未分類

営業よりも、お問い合わせが来るのを意識しよう!

投稿日:

起業すると一番大変なのが、集客である。

あなたを誰も知らない状況、お客さんが0の状態から増やすのは至難の業である。

それだけ極めて重要な集客だが、大切にしてほしいのは営業ではなく、お問い合わせが来ることを意識することだ。

どうしても、起業したら頑張って営業しなければ売上が立たないと考えがちだが、そうではない。

営業はまず、精神が持たない。

飛び込み営業、電話営業など1件、1件回ったり、かけたりする。

断られるのが当たり前の世界だ。

しかも1,2件なら良いが、10件ともなると意外ときつい。

あなたのやる気もそいでしまう。

そして手間だ。

1日ずっと歩いたり、車で回ったりして時間が費やされる。

なのに、必ず売上につながるとは限らない。

つまりは時間かけるわりに生産性が著しく乏しいのだ。

これでは起業時やってれない。

極めつけが、他と被るが効果が薄いのだ。

営業は1つずつ回り、精神が持たないため、数をこなすのがせいぜい訪問で20件~30件、

電話でも50件くらいじゃないと正直持たない。

個人への営業電話だと断られるので100件いくかもしれんんが、嫌になる。

だが、広告宣伝だと一回で1000人~1万人の方に見てもらえる可能性がある。

つまりは労力をかけて見てもらえる人の人数が圧倒的に違うのだ。

なので、営業というのは効果の薄いことを頑張っているのに過ぎないのだ。

 

だからこそ起業は集客を行うべきだ。

広告宣伝をするのだ。

そのために起業時には宣伝費用をきちんと賄っておこう。

30万~100万あった方が良い。

そんなお金ないよ~という方は、10万くらいでも良い。

10万くらいで、DMを作って出す、企業向けにワードで作った案内文を郵送する切手代くらいは賄えるだろう。

逆に無料のものばかりで宣伝していても、起業してからだと時間がかかるので注意が必要だ。

HPはSEOで上位に行くには時間がかかるし、無料サイトからはなかなかお問い合わせは来づらい。

これではいつまでたっても売上に結びつかず、途中で起業を断念せざるを得なくなる。

起業した人にとって、いかに早く軌道に乗せてお金が入ってくるのかが勝負の分かれ目になる。

意外にも新聞広告は部数は減ってもまだ効果はあるし、DMも効果はある。

GoogleなどのPPC広告も、HPを見てもらいやすくなるので効果的だ。

あなたはまだ1人で起業しているのなら、営業する時間に充てるよりも、営業は広告に任せて、見込み客への対応や商談に時間を割くべきだ。そして、キャッチコピーをどうするかなど広告をどうするかに注力した方が良い。

のんびり営業なんてやっている暇はない。

一気にPRし、一気に顧客を増やしていこう!

 

-未分類

Copyright© 失敗起業家が語る、起業するために必ず覚えておくべきこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.