未分類

起業で覚えてほしいお客さんとのポジション

更新日:

起業したてはお客さんも仕事も少ないので、ついついお客さんにへこへこしがちです。

つまりポジション的に弱くしてしまう傾向にあります。

私もWEB制作やシステム開発の会社を駆け出しのころは仕事を取りたくて、ついへこへこしていました。

そうするとお客さんの要求をのまないといけなくなります。

それは、けっこう無茶なことも多いです。

多いのは、「値引き」、そして手間のかかる修正やサービス。

挙句の果てには無料で追加の機能を要求されたりです。

起業したては、ついつい仕事を確実に取りたくて従ってしまいますが、言っておきます。

嫌なら、嫌とはっきり言うべきです。

そして、そんな要求をするところなら笑顔で断りましょう。

意外と向こうが弱気になって交渉してきます。

でも、こういったお客さんはそれでも良いことないので、はっきりお断りしましょう。

つまりはお客さんとは対等であるべきです。

だってこちらは価値を提供する。お客さんは対価を支払ってもらう。

別にお金を払う方が偉いわけじゃありませんよ。

どちらもお互い様で、どちらも対等なのです。

もし、お金を払うのに従わないのか?というようなこと言われたら、

きっぱりと「お断りするのでお支払されなくて良いですよ」と言いましょう。

出来ないことはできません。

チャレンジするなどは積極的に受けても良いですが、それ相応の対価がないとしてはいけません。

よく、チャレンジできる機会だから、お金は関係ないでしょと言われますが、

これで受けたら、次の仕事の時には金額を上げにくいです。

なので、初めから対価が貰えないのならしっかり断りましょう。

対等とはこちらも、お客さんの方もWin-Winの関係を続けていくことです。

こうすると互いに良い関係になり、両者にとって幸せな関係になっていきます。

上からものを言われるようなお客さんは他のライバルにあげましょう。

あなたが受ける必要性は全くありません。

起業してからのポジションを対等にしていくのはけっこう難しいです。

もし起業していてそんなポジションならば、逆にお客さんとしての契約を解消しても良いと思います。

ぜひ、ポジションについて改めて考えてみてください。

起業して失敗がぐんと減りますよ!

起業したのなら集客できないと潰れるしかない

 

起業したら当たり前ですが、集客できないと潰れるしかありません。

もしかしたらこのブログを読んでいる方は集客できないと悩んでいるかもしれません。

が、集客に悩んでいるイコール集客を行っていないという人が実は多いのです。

もしかしたら、あなたもそうではありませんか?

私は起業当初自転車で回ってチラシを配っていましたが、ちょっとだけ配って終わり。

その後はいろんな人に出会ってちょこちょこ紹介してもらいながら売上を立てていました。

後から、売上が全然立たなくなったころになって集客しないといけないと思ったら、後の祭り。

うまく行く前にお金がなくて倒産してしまいました。

今回はそれほど起業して潰れるかどうかの瀬戸際を担う「集客」。

しないといけない理由も解説します。

集客しないと誰もあなたを知らない

当然ですが、起業した当初なんて誰もあなたを知りません。あなたが何してようが大して関心はありません。

なので、こちらからPRする必要があります。

そして、必要な方に見つけてもらう必要があります。

それが営業だったり、宣伝だったりします。

で、この集客がないと当然お客さんはあなたの元に来ません。

当然ですよね?誰も知らないのですから。

なので、絶対に集客は必要なのです。

そして新規のお客さんを常に獲得する仕組みを取らないと、売上は拡大していきません。

ましてや、リピートしなくなるお客さんもいるわけですから、新たな顧客を取り込んでいかないと、

既存客が減る一方になります。

そのため、集客は起業して経営していくなかで会社の成長に必要不可欠なのです。

お金を使って集客しよう

最近、営業ってかなり減っています。

4月頃になると新人研修の一環で新しい営業マンがアポの電話や新規開拓の訪問にきますが、これははっきりいって時間の無駄です。

また、起業したのでアポ取りしてみたり、訪問して回ったりしようと思う方もいますが、一人しか会社にいない場合では、そんな効率の悪いことをしていてはだめです。

他に知り合いの紹介という手もありますが、紹介はある程度既存客がいないと、あまり意味のないものだし、顧客数としては少ないです。

なので、必要なのが集客なのです。

そして、集客で必要なのはズバリお金です。

起業当初はある程度お金を持って起業していると思います。

昔は売上が入ってきて軌道に乗るまでの蓄えや投資資金として元手は最低300万からでした。

これは集客や売上がすぐに入ってこないことを考えると理にかなった設定金額だと思います。

しかし、今は1円で起業できてしまうため、お金をかけずに集客しようとします。

でもお金を使わないと苦労しますし、売上が立つまでに時間がかかります。

起業して軌道に乗るまでの時間というのは短ければ短い方がいいです。

その方が起業は成功します。

私は1年で起業が軌道に乗らなければ断念した方がいいと考えています。

なぜならお金が底をつき、無駄な借金で続けようとするからです。

これでは起業してもダメになる一方になります。

なので、最初の段階はきちんとお金を使って集客しましょう。

個人向けならフリーペーパー、新聞広告、ネット広告。

法人向けなら、ワードで作ったチラシを封筒に入れて送ったり、ネット広告がおすすめです。

個人の場合も法人の場合もHPは必ず作ってください。

なるべく写真などにお金をかけるといいでしょう。

起業当初は検索ではなかなか引っかからないので、必ずGoogleやYahooのPPC広告を活用しましょう。

逆におすすめできないのは異業種交流会です。

みんなPRしたい人ばかり集まるので、集客に結びつかないし、逆に買わないかと訪問してこられます。

名刺交換するってことに大して意味はありません。

そんなお金があるのならネット広告やチラシを送る切手代にお金をかけましょう。

いかがでしたでしょうか。

集客は起業して軌道に乗るか反るかの生命線です。

ぜひ惜しみない広告投資をしてください!!

-未分類

Copyright© 失敗起業家が語る、起業するために必ず覚えておくべきこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.