未分類

起業するなら何が何でも安売りするな!!

更新日:

起業したら、なぜか知らないけど安く提供している人いますよね?

かくいう私も、WEBやシステム開発していて、安く見積を提出したりしていました。

しかし、これではあなたの元に大きな利益が入ってきません。

つまり起業して頑張ったのに、利益がちょっぴりしかなかったらもっと頑張らないといけません。

本当はそうなってはいけまんせん。

めっちゃ大変ですよ?売上1000万円行くの。

なので、起業するときに、安く商品やサービスを提供しないぞと誓いましょう。

安くしてしまう理由・原因は大抵下記の理由が挙げられます。

・経営者自身がお客さんからたくさんお金を貰うのを悪いと思っている

・他より安く提供したいから起業した

・自分の商品、サービスに自信がない

・高いとお客さんがこないという恐怖にかられる

まず、「経営者自身がお客さんからたくさんお金を貰うのを悪いと思っている」。

ズバリ、あなたは経営者失格です。お金を貰うのが悪いのならボランティアでもしてください。

お客さんから多くの収入をいただかないとあなたも、あなたの会社もあなたの雇っているスタッフも生きていけません。

なので、たくさんお金を貰うのが申し訳ないと思うのなら、起業は辞めた方がいいですよ。マジで。

私もこの傾向がなかなか起業当初抜けきらず成功しませんでした。

別に、あなたはお客さんに詐欺なことしているわけじゃないでしょう?

お客さんに喜んでもらいたくて、頑張っているのでしょう?

だったら、その分お金はたくさんいただくべきで、悪い事ではありません。

また、その高い金額の価値を提供し、お客さんはその単価以上の価値だったと喜んでお金を支払ってくれています。

もし、そこに不安を感じているのなら、お金がたくさんもらうべきものだと考えを改めましょう。

次に「他より安く提供したいから起業した」というのも多いですよね。

自分が勤めていた会社よりも安い金額で提供したいために独立、起業した。

美容師さんやエステサロン、飲食に多いです。

でもね、安くしたらあなたがジリ貧になるだけなんですよ。

それって起業した意味ありますか?

家族を路頭に迷わせる気ですか?

また、会社がなぜその金額を設定しているかは会社の維持費や利益も考慮しています。

それをあなたはただ単に自分の勝手な感情や想いで、他と比べて安く提供するなんて、経営者としてはありえない価格のつけ方です。

きちんと利益が出るようにしないと、会社や店は潰れます。

そこをきちんと考えて価格設定しましょう。

また、全国展開している会社やお店がしている安い価格設定だって、企業努力の上で設定できてるんですよ?

仕入れを安くしたり、配送コストを削減したり、リピートを考慮したりと目まぐるしい努力で安い価格を付けても利益が出るようにしているんです。

なのに、そんな努力もせず、ただ単に他のところよりも安い方がお客さん来るし、喜んでもらえるからという勝手な感情で値段をつけると、本当に会社もお店も潰れてしまいます。

絶対に安易な感情で安い価格にしないようにしましょう。

次も多いですね。「自分の商品、サービスに自信がない」

だったら起業なんかしなくてもいいんじゃないの?とおもいます。

特にデザイン系やWEB系は多いですね。

目に見えにくいサービス業やフリーランスさんはこの傾向が強いです。

自分の提供する価値はこれくらいの値段だなと勝手に決めつけるパターンです。

これもさっきの他と比べて安くしてしまうのと同じで勝手な感情で値段をつけてしまうパターンです。

お客さんは、あなたに問題を解決してもらいたんです。

その悩みが解決できれば多少高くてもあなたに頼みます。

なので、あなたももっと自分に自信を持ってください。

あなたはお客さんにとっては専門家なんです。

極端な話、お客さんよりも知識や経験が少しでもあるなら、あなたはお客さんにとっては専門家なんです。

その専門家がおすすめする商品、サービスならば安さなんて関係ありません。

ぜひ自信をもって薦めてください。

 

最後に、「高いとお客さんがこないという恐怖にかられる」

これも感情ですね。

一つ大事なことをいいますと、客単価が高いのが良いのは単に利益があなたのもとに多く入ってくるメリットだけではありません。

煩わしいお客さんを近づけさせないためです。

安くて小規模な会社にはろくなお客さんがつきません。

だって大手ではそんなに親身になってくれないし、安くて親身になるのならそっちに行きます。

そしてそんなお客さんは私の経験上ろくなお客さんはいません。

クレームは多い、人任せ、お金払わない、頻繁に連絡してくる、他のお客さんにも迷惑がかかる、

なのに、利益が低い。

そんなお客さんは起業したての会社には必要ありません。

そういったお客さんは大手にあげればよいのです。

手間かかるのに利益が低いなんて、あなたの時間も労力もばかになりません。

これが客単価が高いと、

・あなたを本当に必要としてくれるお客さんだけ来る。

・リピート率も高い

・人間としてもできている人ばかり

・お金の支払いも良い

・フォローが大して必要ない

これらはあなたにとってもお客さんにとってもメリットばかりです!

そうなると、紹介してくれるお客さんも良質なお客さんばかりになりますし、こういったお客さんは満足度が高いと、必ずリピートしていただけます。

なので、起業したてのころはたくさんお客さんなんていらないのです。

客単価で良いお客さんだけに絞って集客してください。

また、お客さんがこないと不安に思う必要はありません。

客単価が高くても、お金よりも問題解決の方が重要だと思うお客さんは必ずきます。そして、満足度が高いです。

あなたのファンになってくれます。

なので不安に思うことはありません。勇気を持って高い単価を設定して起業しましょう!

-未分類

Copyright© 失敗起業家が語る、起業するために必ず覚えておくべきこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.