未分類

起業するなら長時間労働は絶対するな!

更新日:

起業や経営の本や動画などで長時間労働しなさいと書いてあることがありますが、実は長時間労働しても成功しません。

なので、そういった情報を鵜呑みにして、朝から夜遅くまで、土日祝日も正月も返上して仕事ばっかりやれば成功するんだ~!と意気込んでやってはいけません。

事実、私なんか一人で朝から晩まで遊ばず仕事してましたよ。

友達からの遊びの誘いも断ったり、無視したりね。

土日祝日の事務所に出かけていましたよ。

でもね、潰れましたよ。私破産しましたよ。

で、実際には長時間労働が悪いわけではありません。

がむしゃらに働くのは間違っていません。

起業したてはやるべきことが多かったり、なんとか売上を作らないとと必死に頑張ります。

では、なぜ長時間労働を辞めとけというのかは、生産性を無視する傾向があるからです。

生産性のない長時間労働はただ動いているだけ。

つまり、会社にとってなんの利益にもならないし売上にもならないことをやってしまいがちだからです。

朝から晩までだらだらとにかく動いていては意味がないのです。

また、長時間だと集中力が切れます。そうなると本当にダラダラします。

挙句の果てにはネットサーフィンしてみたり本読んでみたり、メールのフォルダを整理してみたり。

そうすると会社に言っている意味がありません。

なので、長時間労働すればいいって発想はすっぱり辞めましょう!

起業して成功している人(例えば堀江貴文さんやサイバーエージェントの藤田晋さん)なんかは本でも長時間労働を説いています。

が、これはめっちゃ情熱がある人しか達成できません()

普通の起業家はまず無理です。

さっきの人たちは無駄な事してないんです。長時間働いてもダラダラしない性格なんですよ。

堀江さんもずっとプログラム作っていたらしいですし、藤田さんも営業しまくるし、夜は新規事業の企画を練ったり、

つまり意味のある重要なことだけずっとやっていても飽きないんです。

しかし、これがなかなか普通人にはできない。

なので、私は長時間労働すれば成功するんだと勘違いしてほしくないんです。

普通の人で起業した人は、まず生産性を意識することが大切です。

長時間労働せずに成功している人なんて山ほどいます。

まず大切なのは「利益」につながる仕事をしているかを自分に問いただすべきです。

起業して一番大切なのは、とにもかくにも集客です。

お金を使って広告出したり、チラシ出したり、HP作って宣伝したり、

これをしないと誰もあなたのお客さんになってくれません。

それなのに、ダラダラとネットで経営について調べてみたり、役立つ情報を探そうとして時間を潰そうとするのは意味ありません。

また、無駄に事務所を掃除したり、帳簿をつけてみたり、挙句の果てには経営理念なんて作ろうとします。

そんなものは起業したての会社には必要なことではありません。

まずはお客さんを作ることが最重要項目です。

堀江さんだって、最初はアルバイト先だったところから仕事貰ってますし、WEBがまだ真新しかった時に「技術力はぴか一です」といってどんどん営業していった。しかもプログラマーも一緒になって営業に出ていたくらい営業に力を入れていましたし、藤田さんもインターネットが普及し始めのところで、「インターネットの営業、広告を支援しますよ」といってお客さんを集めていました。

この人たちは需要が出始めのころなので、集客も先駆者利益を取っていたのですごい成長したのもあるのですが、

それでも大切な集客について注力していました。

また、集客や営業って嫌だしめんどくさい部分でもあります。

しかしこれをしないとお客さんは来ませんし、売上につながりません。

なので、長時間労働などの考えは捨てて、大切な仕事を絞ってやりましょう。

特に起業したてのころは99%集客です。

それ以外に時間は大して使う必要ありません。(あなたが商品を作ったりする必要がある以外は)

起業したら、あなたは労働者じゃありません。

9時から5時まで働く概念も一切ありません。

なので、長時間労働よりもいかに労力を使わず成果を出せるか?

利益が増やせる仕事に注力しているか?

そこを意識して、起業したら仕事するんだと思ってください。

-未分類

Copyright© 失敗起業家が語る、起業するために必ず覚えておくべきこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.